GRAND PLACE CORPORATION会社概要

企業理念

  • グランプラスはチョコレートを中心としたデザート作りを通じてお客様の食生活に彩りをご提供します。
  • グランプラスは商品の特性、製造技術で経済的価値、ブランド資産の向上に努めます。
  • グランプラスはお客様の視点に立って、伝統と革新をバランスよく調和させ、新たな商品を創造します。

ご挨拶

グランプラスはチョコレートのスペシャリストとして
強い使命感を持っています

グランプラスはチョコレートの本場ベルギー製のチョコレートを使用し、国内でチョコレート菓子を製造する会社として平成3年(1991年)に創業しました。
まだ成熟していなかった日本の高級チョコレート市場に本格的な高品質チョコレート製品を提供していくことが創業時からの大目標でした。

OEM製品の売上が中心だった創業時から約四半世紀が経過し、現在はグランプラスオリジナル商品の比率がOEMを上回る程になりました。
時代の変遷と共に高級チョコレート市場が成長するに従って、最近では当初想定していなかった様々な業種のお客様から数多くの多彩なご注文を頂戴し、この市場が将来益々成長を続けるであろうことを予感しています。

「今後も商品開発により一層精進し、数々の高付加価値商品を世に送り出し、お客様に大きな満足感を味わっていただきたい…」グランプラスはチョコレートのスペシャリストとして強い使命感を持っています。今後共グランプラス製品・商品の益々のご愛顧をお願い申し上げます。

代表取締役 野村英雄

会社概要

会社名
株式会社グランプラス
英文名
GRAND PLACE CORPORATION
設立
1991年10月31日
資本金
2000万円
代表者
代表取締役 野村 英雄
従業員数
70名
主要取引銀行
千葉銀行 八街支店
事業内容
高級チョコレート・菓子類 製造販売
高級チョコレート・菓子類・製菓原料卸販売
自社ブランド「グランプラス」直営店舗運営

本社(アトリエ)

〒289-1107 千葉県八街市八街は17番地 TEL: 043-443-6471 FAX: 043-443-6473

東京支店(受注窓口)

〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目7番14号 KAMONビル7F TEL: 03-5733-6840 FAX: 03-5733-6841

汐留(直営店)(2014/4/26オープン)

〒105-0021 東京都港区東新橋2丁目4番6号 パラッツォ シエナ TEL: 03-6809-1610 

会社沿革

1991年10月
株式会社グランプラス設立(千葉県印旛郡富里町にて)業務用ベルギーチョコレート製造卸販売を開始する。
1991年10月
FOODEX JAPAN ’92(幕張メッセ)ベルギーブースにグランプラスとして初出展する(その後毎年出展)。
1992年 8月
バレンタイン・チョコレート講習会を㈱トーメンと東京製菓学校で共催する(講師:現テオブロマ オーナーシェフ 土屋公二氏)。
1993年 3月
「ドラジェ」の製造販売を開始する。その後ブライダル市場に広く普及する。
1994年10月
「生チョコ」の製造販売を開始する。その後の「生チョコブーム」の先駆けとなる。
1996年10月
本社工場を千葉県八街市の現在地へ拡張移転する。
ドイツよりクラスター・フォーマーを導入し、「チョコクランチ」の製造販売を開始する。
カジュアル感覚のチョコレート菓子として通年商品と成長する。
1997年10月
「グランプラス」ブランドのチョコレートギフト商品の販売を開始する。
1998年 2月
新宿伊勢丹バレンタイン催事コーナーに初出店する。
その後、毎年同店のバレンタイン催事に出店し、ブランドイメージの向上に努める。
1998年 7月
「ガナッシュムース」を新発売。「生チョコ」をムースにしたデザート感覚の菓子。
2000年11月
本社工場を増築し、レボルパンラインを増強。「おかきチョコ」の製造販売を開始する。
2003年 2月
新宿伊勢丹サロン・ド・ショコラに出店する。「モンブランチョコ」が好評を博する。
2003年 4月
トーメンフーズ株式会社内に東京支店を開設し、営業拠点とする。
2004年 2月
バレンタイン催事で5店舗新たに出店する(銀座松屋、伊勢丹松戸店、名鉄百貨店、小倉伊勢丹、岩田屋)。チョコレート菓子「ボンブ」が注目を浴びる。
2005年 9月
本社工場の増改築(110坪→300坪に拡張)。
ワンショットデポジッターの導入とレボルパンラインの増強。
2005年10月
JR品川駅構内「エキュート品川」に直営店舗オープン。
2006年 3月
新宿小田急百貨店ホワイトデー催事に初出展する。
2006年 6月
エキュート品川店にて冷やして食べる夏向けチョコレート「クールトリュフ」を販売。
2006年 8月
東京支店を日本橋へ移転。
2007年 9月
東京支店を豊田通商東京本社ビル(丸の内)へ移転。
2007年10月
有楽町イトシア内「フードアベニュー」に直営店舗2号店をオープン。
2010年2月
銀座めざマルシェで日本の「お菓子な野菜」「アメーラトリュフ」「アメーラ生チョコ」を販売。
2010年6月
アリオ北砂内に新コンセプトの直営店舗「グランマルシェ」をオープン。
2010年12月
東京支店を品川へ移転。
アリオ北砂店を「グランプラス」にリニューアル。
2011年7月
アリオ北砂店閉店。
2012年5月
東京支店を浜松町へ移転。
2012年6月
「ソルベ・ド・フリュイ」を新発売。フルーツピューレ、果汁を豊富に使った常温流通で凍らせて食べるシャーベット。
2012年10月
有楽町店閉店。
地方銀行フードセレクション(東京ビックサイト)に千葉銀行ブースで初出展。
2013年5月
「ペカンナッツショコラ(キャラメル)ボックス」がモンドセレクション2013で金賞を受賞。
2014年3月
エキュート品川店閉店。
2014年4月
「ペカンナッツショコラ(キャラメル)ボックス」がモンドセレクション2014で2年連続金賞を受賞。
初の路面店「グランプラス 汐留」をオープン。
2015年4月
「ペカンナッツショコラ(キャラメル)ボックス」がモンドセレクション2015で3年連続金賞を受賞。
同時にインターナショナル・ハイクオリティー・トロフィー(優秀品質トロフィー)を受賞。
グランプラス汐留 開店1周年記念商品として「汐留ロール」を新発売。当日分完売の日々が続き好評を受け、通信販売での取り扱いを開始。定番商品として定着。
2016年4月
「伊予柑ピール70g」がモンドセレクション2016で最高金賞を受賞。
「ペカンナッツショコラ(キャラメル)ボックス」がモンドセレクション2016で4年連続金賞を受賞。

PAGETOP